一軒家を売却したときの出来事

一軒家を売却したときの出来事

私は一軒家を所有していましたが、仕事をリストラされてしまい住宅を売らざるを得なくなりました。この時に感じたのは、住宅ローンは可能な限り少なくした方がよいといったことです。毎月の返済額が大きいと仕事がなくなってしまったときに返済することができなくなり、結果的に家を売る羽目になります。これを避けるためには、毎月の返済額を少なくすることが必要になるでしょう。

 

私はそのようなことは考えておらず毎月の支払い額を高く設定して一軒家を購入してしまったため、後で苦労することになりました。売却をするときには、不動産会社の人にお願いをしてどれぐらいの金額で売却できるかを判断してもらったわけです。私が思っていた金額よりも低い金額でしか売却ができなそうでしたが、もともとこの家自体は高級な住宅ではありませんでしたので仕方がないかもしれません。3000万円で購入した住宅の売却をするときは1200万円だったのは少しショックでしたが、これから新しい生活をするための費用としては十分な金額だったとも言えます。

 

不動産会社によっては、査定額を高くして売却する時には安い金額でしか取り扱わないようなところもありますので、その点に引っ掛からなくてよかったと思います。